キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産を担保にした融資で、二世帯住宅を建築予定、注意点は? : 不動産担保の融資が気になりだす情報集

不動産を担保にした融資で、二世帯住宅を建築予定、注意点は?

不動産担保の融資が気になりだす情報集

不動産担保の融資が気になりだす情報集のメインimg
不動産を担保にした融資(二世帯住宅建築)で返済の注意点とは?節約型の二世帯住宅、返済の考え方を紹介します。

不動産を担保にした融資で、二世帯住宅を建築予定、注意点は?

二世帯住宅でも、プランによって融資額が大きくなったり小さくなったりします。

後の返済のことを考えるならまず融資額の最小化を考えましょう。

ポイントをお話しします。

■必要な額だけに絞って融資してもらう。

不動産を担保にしたローンでは、通常のローンと違って融資額が非常に大きくなります。

たとえば不動産の評価額が3,000万円であれば、その評価額の80%に相当する額が融資されます。

融資額は銀行などの金融機関によって異なりますが、一般的には80%~90%です。

仮に2,400万円の融資を受けた場合、その金額をすべて使った二世帯住宅になるなら仕方ありませんが、余剰金が数百万円も残ってしまうようであれば、その分の融資は辞退しましょう。

不動産担保ローンは長期の借入れとなるため、500万円につく金利の影響は莫大です。

■融資額を少なくする二世帯住宅の省力法。

同じ二世帯住宅でも、共有スペースを増やすなどすれば建築費は節約できます。

その分、不動産を担保にしたローンの融資額を小さくでき、融資後の返済プランにも余裕が生まれます。

返済シミュレーションで、2000万円を借入れした場合と2,500万円の融資を受けた場合の返済額、期間の違いを検証してみましょう。

たとえ500万円でもその差は驚くほどです。

また不動産を担保にしたローン以外の借入れがあれば、融資を機会に1本化しておくことをおすすめします。

毎月の返済管理が楽になります。

■ローンの返済で気を付けるべき点は、無駄遣いをなくすこと。

あらかじめ融資額をできる限り少なくすることです。

二世帯住宅で親世帯とほどよい距離感を保つとはいえ、二重の設備や空間を作ろうとすれば融資額・建築費が膨らみます。

先々の返済を楽にするには、プランの省力化・最小化を徹底させるのがいちばんです。